広島大学 工学部 山本研究室

システム制御論研究室とは

制御・通信・信号処理技術を融合し,次世代の制御技術を研究する研究室です。
さらに実際の産業機器への搭載を目的として研究活動を進め,多くの企業様と共同で研究を進めます。

トピックス

新しく研究生として2名を迎えました。これで研究室の学生は,40名となりました。
研究室ゼミとして,半年間取り組んできた「AIミニ四駆をつくろう!」の成果報告会を開催しました!
研究室の学生約35名が7チームに分かれ,マイクロコントローラよるフィードバック制御を内包したAIミニ四駆を,MBD(モデルベース開発)に基づいて設計・製作した取り組みを発表しました。
博士課程前期に在学中の水津聖純さん,大前泰寛さんが,電気学会電子・情報・システム部門大会において,優秀ポスター賞を受賞しました。
講演論文 “外乱抑制を目的としたデータベース駆動型制御系の一設計” (水津)
     “未知外乱を含む入出力データを用いたデータ駆動型制御系の一設計”(大前)
山本教授が,電気学会電子・情報・システム部門大会 第30 回記念大会 特別表彰を受賞しました。
コベルコ建機株式会社との共創活動が,中国新聞で紹介されました。
Page Top